丹羽長秀の人生を書籍で疑似体験しよう!

丹羽長秀の人物データー

  • 1535年〜1585年(享年51歳)
  • 出身は尾張国(現在の名古屋市)
  • 越前北ノ庄城主

 

丹羽長秀は、織田信長に従って天下統一への道に大きく貢献し、織田家の中核を担う武将。派手な武勲こそ少ないので、知名度は柴田勝家や豊臣秀吉に劣るものの、謙虚で温厚、信義も厚いので信長に信頼されたという。

 

そのような丹羽長秀の人生を書籍で疑似体験してみましょう。

丹羽長秀歴史小説おススメ3選

織田一の男、丹羽長秀

 

 

織田家随一の活躍を果たしてきた丹羽長秀。その右筆・太田牛一は、長秀の記を秘かに残そうとする。本能寺の変で窮地に立たされた長秀だが、信じるべき未来を見据え、ある秘策を立てていたのである……。男たちの熱い生き様を描いた、新鋭による戦国秘史!

 

 

丹羽長秀 信長と秀吉を補佐した「信義」の武将

 

 

下剋上の世、誰もが野望を抱いていた時代、そんな中に一人、「人間としての信義」を心の軸に据えて生きた男がいた。本書の主人公・丹羽長秀である。武勇にすぐれる将であり、しかも決して裏切ることはない。信長にとっても秀吉にとっても、まさに欠くべからざる存在であった。常に“最も頼れる男”であったその姿を描きながら、自らの利を超越した生き方の美しさを訴えかける、長編歴史小説。

 

 

織田信長の家臣 佐久間信盛、柴田勝家、丹羽長秀

 

 

織田信長の家臣として注目度が高いのは、謀反により信長を死に追いやった明智光秀や信長の死後に後を引き継いで天下統一を果たした羽柴秀吉です。しかし、信長が天下統一を果たすためには、多くの家臣の支える力があったはずです。 ここで取り上げる3人は、ともに尾張出身で、宣教師ルイス・フロイスに羽柴秀吉とともに「信長の最高の武将」と評された。

 

 

丹羽長秀関連の書籍は多くはない。少ないが信長を支えた中核の武将であった丹羽長秀の書籍は読み漁ってみると良いだろう。

 

電子ブックとオーディオブック

丹羽長秀の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で丹羽長秀の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



丹羽長秀とは?

丹羽長秀は織田家では重臣であった。

 

秀吉も羽柴秀吉と名乗っていた時には、柴田勝家の柴と丹羽の羽を貰って羽柴と名乗っていたという。

 

これは秀吉のあなたの名前を頂いているよ。という処世術と言えるが、ただ丹羽長秀はそういう立場だったという事が解る。

 

実際に長秀は、米五郎左と呼ばれていたが、それは米のように無くてはならない人という評価をされたからという。

 

安土城の築城でも責任者に命じられているので、信長の信頼も高かったのだろう。

 

ただ、本能寺の変以後は秀吉にも力を貸していたが、秀吉の天下狙いが許せなかったようだ。

 

最後は病中に切腹をして、げんこつほどもある病根を秀吉に送り付けたという。

 

どこまでも織田家につくした武将といえるだろう。恐ろしいまでの執念を持つ男の人生である。

スポンサードリンク