九鬼嘉隆の人生を書籍で疑似体験しよう!

九鬼嘉隆の人物データー

  • 1542年〜1600年(享年59歳)
  • 出身は志摩国(現在の三重県志摩市)
  • 志摩鳥羽城主

 

九鬼嘉隆は、九鬼水軍の水軍武将として、織田信長のお抱え水軍として鉄甲船で毛利家を破るなど各地で活躍し海賊大名の異名をとった。

 

そのような九鬼嘉隆の人生を書籍で疑似体験してみましょう。

 

九鬼嘉隆

 

鳥羽城

九鬼嘉隆歴史小説おススメ5選

九鬼嘉隆 信長・秀吉に仕えた水軍大将 (志津三郎)

 

 

「そのほう、地獄を見てきたのは一度や二度ではあるまい」。初対面ではあったが、信長の鋭い眼力は一目で嘉隆の本性を見抜いた。「三度ばかり」。嘉隆は軽く会釈してその場を退いた…。織田信長に気に入られ、世界初の鉄甲船を造って毛利水軍を撃破した九鬼嘉隆。その後、秀吉に仕え、関ケ原の戦に敗れ最期を遂げる。水軍を率いて天下に恐れられた武将に新たな光を当てた歴史長編。

 

 

九鬼嘉隆 (星 亮一)

 

 

信長・秀吉のもと、水軍の将として活躍した九鬼嘉隆。「世界の海へ出る」という野望を抱いた志摩の若き海賊は、信長という稀代のカリスマと出会い、共鳴し、九鬼水軍を結成。伊勢長島を攻め、瀬戸内海の覇者・毛利水軍を撃破して石山本願寺を開城させるなど、信長の天下布武に欠かせぬ存在となる。乱世にあっても、外に目を向け続け、信長と共に世界を目指すことを夢見た海の男の浪漫あふれる生涯を描く。

 

 

九鬼水軍 (辻尾耕平)

 

 

黒潮にのってまたたくうちに兵を送りこむ九鬼水軍。自らを「海賊大将軍」と名乗った海の勇者・九鬼義隆の半生は、まさしくその「海賊大将軍」にふさわしい生き方であった。信長・秀吉・家康時代を通じて、つねにその計り知れない力を発揮した九鬼水軍の驚異を生き生きと描く長編歴史ロマン。

 

 

織田水軍・九鬼一族 (七宮 〓三)

 

 

はじめて描かれた織田信長の水軍・九鬼一族の盛衰史。

 

 

覇王の海 (二宮 隆雄)

 

 

永禄8(1565)年7月、波切(なぎり)大王の海城を逐われた23歳の九鬼嘉隆は、まだ明けきらぬ伊勢海に血走った目をぎらつかせていた。敵対する千余の志摩地頭軍に砦を囲まれ、暗夜の海を逃げてきたのだ。だが、ただ逃げ出したのではない。嘉隆は、海をへだてた尾張国の当主、まだ見ぬ織田信長のもとに走り、世に出る機縁をつかもうとしていた。一介の志摩の海賊の身から日本水軍の大将にまで上り詰める九鬼嘉隆の凄絶な海の闘いを描く、海洋時代ロマン。

 

 

九鬼嘉隆の書籍を他にもいろいろと探してみましょう。

 

電子ブックとオーディオブック

九鬼嘉隆の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で九鬼嘉隆の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



九鬼嘉隆とは?

九鬼嘉隆は一言で言えば海賊である。

 

海賊というと日本ではない話に思えるが、日本にもある意味立派な海賊がいたのである。それが九鬼嘉隆。

 

最強の水軍を持って信長の家臣になり、信長の命令で大型船を建造。

 

この大型船は、鉄板張りで大砲を備えていたので、攻撃力も防御力も当時としては最強の船である。

 

この九鬼水軍が名を馳せたのは、毛利水軍との戦いだ。

 

600艘からなる毛利水軍が本願寺へ救援物資を運ぶところを見事に撃破した。

 

戦国最強の水軍を率いた海賊大名なのである。

スポンサードリンク