伊達政宗の人生を書籍で疑似体験しよう!

伊達政宗の人物データー

  • 1567年〜1636円(享年69歳)
  • 出身は出羽国(現在の山形県米沢市)
  • 陸奥仙台城主

 

伊達政宗といえば独眼竜政宗の異名や傾奇者でも知られる。政宗が奥州に大勢力を築いた時にはすでに中央で秀吉が天下をほぼ築きつつあったので、もし政宗がもっと早く生まれていれば天下を取れたのでないかと言われる武将。

 

そのような伊達政宗の人生を書籍で疑似体験してみましょう。

 

伊達政宗

 

伊達政宗像

伊達政宗歴史小説おススメ4選

伊達政宗 (山岡荘八)

 

 

永禄10年(1567)、伊達政宗は奥羽米沢城に呱々(ここ)の声をあげた。時は戦国、とはいえ、一代の英雄織田信長によって、戦国も終熄(しゅうそく)に向かい始めていた。しかし、ここ奥羽はこの時期こそ、まさに戦国動乱のさなかだった。激動の時代を生きた英傑独眼竜政宗、その生涯の幕開けである

 

 

伊達政宗 (相川 司)

 

 

豪放磊落、その強さと才知を謳われた「遅れてきた英雄」。激動の戦国乱世を生き抜いた北の覇王。

 

 

片倉小十郎と伊達政宗 (永岡 慶之助)

 

 

伊達政宗とその右腕となった片倉小十郎の生涯を描いたものである。優秀な武将にはこれまた優秀な右腕となる腹心がいるものである。そんな主従の生き様である。

 

 

伊達政宗 (竹本 友重)

 

 

戦国の世にひときわ異彩を放つ東北の覇者・伊達政宗。その生い立ちから悲願の奥羽統一へと疾走する若き日を描いた。

 

 

伊達政宗の書籍を他にもいろいろと探してみましょう。

電子ブックとオーディオブック

伊達政宗の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で伊達政宗の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



伊達政宗のマンガと参考書籍

 

伊達政宗とは?

伊達政宗は、遅生まれの英雄と言われたりするが、生まれがあと20年早く、そして都に近い場所であれば天下も取れた人物と評価される武将。

 

病で片目になったため、独眼竜と呼ばれた男である。

 

武力だけではなく、とても頭の切れた武将で人気も絶大なものがある。

スポンサードリンク