前田利家の人生を書籍で疑似体験しよう!

前田利家の人物データー

  • 1539年〜1599年(享年60歳)
  • 出身国は尾張(現在の名古屋市)
  • 加賀金沢城主

 

前田利家は、若い頃は『うつけ犬千代』と呼ばれたり、戦いでは『槍の又左』と恐れながらも、生真面目で律儀者という一面もある武将。

 

織田信長や豊臣秀吉に仕え、『加賀百万石』と称される加賀藩の礎を築いた名将の生涯を書籍で読んでみましょう。

 

前田利家

 

前田利家像

前田利家歴史小説おススメ3選

前田利家 (戸部 新十郎)

 

 

天文七年、尾張荒子城主・前田利春の四男として生まれた利家。幼名を犬千代。容姿端麗にして知略にも秀れ、槍をとっては天下無双。信長に従い、群雄割拠の乱世を勇猛果敢に突き抜けた姿を描く長編歴史小説!

 

 

前田利家 (志木沢郁)

 

 

“槍の又左”は“カブキ者”と謳われた前田利家。お家の都合か四男坊ゆえの冷遇からか、心の拠り所を外に求め、信長、秀吉に臣従。戦場にあっては鬼神の如く駆け、平時には若い時の苦労からか、数多の武将より信望を集める。天下を望まず忠義一途、一蓮托生とばかりに秀吉の天下取りを支え続け、加賀百万石の礎を築いた将、「天下人秀吉ただ一人の真の友!」前田利家の生涯。

 

 

加賀百万石 津本 陽

 

 

前田家三代の剛気と絢爛の世を描く長編力作宿命のライバル徳川家康暗殺を呑みこんで逝った戦国武将、前田利家。あとをつぐ利長・利光らは家康の嗣子秀忠の助言で救われ、やがて加賀に栄耀栄華を開花させる

 

 

前田利家の書籍を他にもいろいろと探してみましょう。

 

電子ブックとオーディオブック

前田利家の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で前田利家の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



前田利家のマンガと参考書籍

前田利家とは?

前田利家と言えば加賀百万石の領土を一代で築いた武将である 。

 

豊臣秀吉とは同い年とも言われた若い時から親交があったと言われている。

 

若い時の利家は、喧嘩早く傾奇者として名高かったり、長槍で『又左の槍』と恐れられていたと言いますが、反面一本気で裏表のない性格で人間関係を重んじる忠節の人でもありました。

 

後年は能や茶道、書にも親しんで 、徳川家康に次ぐ五大老の一人にもなっていくので、信任を得る生き方が学べるのかも知れない。

スポンサードリンク