大谷吉継の人生を書籍で疑似体験しよう!

大谷吉継の人物データー

  • 1565年〜1559年
  • 出身は近江説と豊後説
  • 敦賀城主

 

大谷吉継は、裏切りが横行する戦国時代において、関ヶ原の戦いでは西軍の勝利は「やはり無謀だ」と読んでいながら石田三成との友情を貫いたとして人気がある武将。

 

義を重んじた生き方を読み進めてみると良いでしょう。

 

大谷吉継

 

敦賀城

大谷吉継の書籍一覧

大谷吉継 信義を貫いた仁将

 

 

「このまま、三成を見捨てていいのか」―。勝てないことを知りつつ、信義のために石田三成とともに挙兵し、関ヶ原に散った仁将・大谷吉継。その決断をもたらしたものは何か。秀吉に見出され、賎ヶ岳の合戦で戦功をあげた青年期や、豊臣政権の奉行として活躍する壮年期など、「関ヶ原」以前を丹念に追うことで、その人物像を鮮やかに描き出した歴史長編。「戦国最高の男」が、ここにいる!

 

 

大谷吉継 (外岡慎一郎)

 

 

なぜ、名将と讃えられるのか。無謀と知りつつも、関ヶ原に散った潔い死にざま。だが、本当に義に殉じたのか?霧につつまれた等身大の姿を描き出す

 

 

白頭の人

 

 

近江の浪人の倅・大谷平馬(吉継)は、竹馬の友である石田佐吉(三成)の機知により、揃って秀吉に召し抱えられる。毛利討伐、賎ヶ岳と武功を上げる一方、謎の病により容貌が著しく変じ、頭巾と覆面を手放せない状態に。「白頭」と号した男は、やがて視力をも失いながら、義を貫くため死地・関ヶ原へ。「負け戦」に本領を発揮した男の畢生

 

 

炎の仁将 大谷吉継のすべて

 

 

大谷刑部少輔吉継。石田三成との友情に殉じ、味方の裏切りが相次ぐ関ヶ原の合戦で不運の死を遂げた名将である。だが、抜群の人気を誇る武将であるにもかかわらず、両親の名や出生地も定かではない吉継の生涯は、多くの謎に包まれている。本書は、遺された吉継発給の文書などわずかな史料を駆使して、その生涯をできるだけ詳細に再現した。若き日の姿、領主としての姿、病に苦しみながらも友のために戦う姿など、単なる「悲劇の武将」というイメージではとらえることができない、「人間・大谷吉継」の魅力に迫る。

 

 

大谷刑部のすべて

 

 

敗北を承知で石田三成に加担し、関ケ原の露と消えた大谷吉継(刑部)。義に殉じた壮絶な最期は、悲劇の名将として後世にその名を残すことになった。大谷吉継の生涯を辿る。

 

 

大谷吉継の書籍を他にもいろいろと探してみましょう。

 

電子ブックとオーディオブック

大谷吉継の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で大谷吉継の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



大谷吉継のマンガと参考書籍

大谷吉継は義の武将として人気がある。

 

関ヶ原の戦いでは徳川家康の東側に付こうと思っていたのを、盟友の石田三成に誘われて、友情を重んじて西側に付いて戦う。

 

義による友情を重んじて三成に付き、その男気が日本人に多く共感されて、とても人気があるのだろう。

スポンサードリンク