宇喜多秀家の人生を書籍で疑似体験しよう!

宇喜多秀家の人物データー

  • 1573年〜1655年(享年83歳)
  • 出身は備前国(現在の岡山市)
  • 備前岡山城主

 

宇喜多秀家は、秀家の父が下克上で大名になったが、秀家は豊臣秀吉にとても気に入られて豊臣政権では五大老の一人となる。関ヶ原の戦いでは西軍で敗れてしまうが、その直前までは備前、美作、備中半国、播磨3郡で57万4,000石の大大名であった。

 

そのような宇喜多秀家の人生を書籍で疑似体験してみましょう。

 

宇喜多秀家

宇喜多秀家歴史小説おススメ6選

宇喜多秀家 大西泰正

 

 

なぜ秀吉に愛されたのか?若くして大大名となり、順風満帆だった最年少「大老」を襲った、関ヶ原の悲運。栄光と挫折を味わうも、したたかに生き抜いた生涯をたどり、後世に作り上げられた「貴公子」像を払拭する!

 

 

「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家

 

 

瀬戸内の小領主から備前美作両国を治める大大名にまでなった宇喜多氏。“表裏第一の邪将”と呼ばれた父・直家の後を継ぎ、宇喜多秀家は若くして豊臣政権の「大老」にまで上りつめる。しかし、その運命は関ヶ原での敗北を境にして一変し、ついには八丈島に流罪となる。なぜ秀家はかくも秀吉に愛されたのか。なぜ西軍大将格でひとりだけ生き延びることができたのか。なぜ、その一族(宇喜多一類)は現代まで続いたのか。激動の時代を生き抜いた執念の男の実像を、最新研究をもとに描きだす決定的評伝!

 

 

宇喜多秀家の松

 

 

豊臣五大老のひとりとして「関ヶ原合戦」(1600年)で敗退するまでの秀家と、八丈島への流罪第一号(1606年)となった秀家を、“過去と現在”の視座よりとらえ、お豪への想いを軸に、人間秀家を描き出す!

 

 

宇喜多直家・秀家: 西国進発の魁とならん

 

 

宇喜多直家・秀家、備前の戦国大名。一介の土豪から知略の限りを尽して備前・美作を支配するまでに成長し、後に「戦国の梟雄」とも言われた直家。秀吉の寵愛のもとに成長し、五大老の一人として豊臣政権を支えようとした秀家。対照的な父子の実像を初めて解明する。

 

 

宇喜多秀家: 備前物語

 

 

「八郎よ、必ず家を再興するんじゃ。忘れるでなあぞ」岡山、浦上家の家老だった勇将・宇喜多能家は謀叛の廉で自死する際、孫に言い遺した。長成した八郎は、辺境の一城から先見と奇策謀術でのし上がり、秀吉の天下取りに貢献、子の秀家は秀吉の養子となり、時代の寵児として名を馳せる。乱世の風雲に身を曝した宇喜多家興亡の譜。

 

 

宇喜多秀家: 秀吉が夢を託した男

 

 

関ケ原の合戦に敗れ、涙にくれる家来に向かって秀家はこう諭した。「わしは生きる。太閤から天下を盗奪した家康が、この世に存在するかぎり、わしは死なぬ。家康の治める天下とはどのような天下か、じっくり見届けてくれよう。」秀家の新たな戦いが始まった…。幼い頃から秀吉にかわいがられ、秀吉のために縦横無尽の活躍をした宇喜多秀家。その栄光と悲劇に彩られた波乱の生涯を描く。

 

 

宇喜多秀家の書籍を他にもいろいろと探してみましょう。

 

電子ブックとオーディオブック

宇喜多秀家の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で宇喜多秀家の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



宇喜多秀家とは?

宇喜多秀家は、豊臣秀吉の寵愛を一身に受けて、豊臣政権の最高機関である五大老に任じられるほど。

 

美男子で温厚なおばっちゃまのイメージがありますが、実際は戦では数々の功績をあげています。

 

関ヶ原でも1万7千もの兵力を引き連れて参戦し、福島正則隊とぶつかり合って激しい戦いをおこなっております。

 

ただ、小早川秀秋の裏切りで敗戦し、八丈島に流刑となって生涯を終えるのです

 

しかしながら、84歳まで長生きし敗軍の将の中では最も長生きしました。

 

秀家の父は、権謀術数によって勢力拡大をしたと評される宇喜多直家ですが、秀家は逆の評価の誠実と評される武将。

スポンサードリンク