安東愛季の人生を書籍で疑似体験しよう!

安東愛季の人物データー

  • 1539年〜1587年
  • 出身は出羽国(現在の秋田県)
  • 居城は檜山城

 

安東愛季は、晩年に苗字を安東から秋田へ改めていて秋田県の戦国武将。出羽国で覇を唱えて東北最大の湊を造り、秋田県の礎を築いた安東家を大きく飛躍させた武将。

 

安東愛季関連の書籍は多くはないので、じっくりと読んでみましょう。

 

安東愛季

 

檜山城址

安東愛季の書籍おススメ2選

斗星、北天にあり

 

 

かつて東北有数の湊であった能代湊に佇む安東家八代当主愛季。その目の前を交易船が素通りしていく。「もう一度東北最大の湊を造り、民のためにこの地を富ます!」。滾る思いを胸に「載舟覆舟」の国造りが始まる。安東家を統一し、東北最大の湊を造り、蝦夷を治め、信長・秀吉とも誼を通じた男の野望、葛藤、そして恋!秋田の礎を築いた智将、安東愛季に迫る歴史巨編。

 

 

北天の巨星

 

 

若き信長と盟友の契りを交わし、乱世の奥州を切り従えるはずだったが……。自らを逆賊の子孫と語り、北方貿易で国を富ませ、戦につぐ戦で羽州(うしゅう)に本格的な戦国大名の名乗りを上げた安東愛季。この男がいたから、羽州の民は生かされた。

 

 

安東愛季の書籍を他にもいろいろと探してみましょう。

 

電子ブックとオーディオブック

安東愛季の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で安東愛季の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



安東愛季とは?

戦国武将と言って安東愛季の名前が出るのは秋田県民だけかも知れません。

 

あまり有名ではないかも知れませんが、『斗星(北斗七星)の北天に在るにさも似たり』と評された武将。

 

一族で長い間争っていたのを統一して、安東家を戦国大名として秋田県に一大勢力にした武将でもある。

 

中央勢力の秀吉とも通じている事で、先見の明もあると言える。

 

晩年には苗字を秋田と変えている。

スポンサードリンク