石田三成の人生を書籍で疑似体験しよう!

石田三成の人物データー

  • 1560年〜1600年(享年41歳)
  • 出身は近江国(現在の滋賀県長浜市)
  • 佐和山城主

 

石田三成は、豊臣政権では五奉行の一人として活躍。そして秀吉亡き後の徳川家康打倒のため、毛利輝元らと関ヶ原の戦いで西軍を組織した事で有名。

 

そのような石田三成の人生を書籍で疑似体験してみましょう。

 

石田三成

 

佐和山城址

石田三成歴史小説おススメ6選

治部の礎 (吉川 永青)

 

 

豊臣家への「義」か、はたまた自らの「野心」からなのか。覇王信長の死後、天下人を目指す秀吉のもと、綺羅星の如く登場し活躍する武将たちを差し置いて、最も栄達した男、石田三成。彼の「眼」は戦国を優に超えていた。

 

 

石田三成 「義」に生きた智将 (徳永真一郎)

 

 

豊臣家の安寧のため、己の胸に秘めたる想いのため―。秀吉から“絶大な信頼”を寄せられ、若年より豊臣政権で辣腕をふるった石田三成。大恩ある秀吉の死後、あらゆる権謀術数を尽くして天下を奪わんとする家康の野望を打ち砕けるのは、もはやこの男しかいなかった。天下分け目の決戦をしかけ、西軍を率いて運命の関ヶ原へと突き進んだ義将の魅力とその生涯を描いた“決定版的”長編小説。

 

 

近江が生んだ知将 石田三成 (太田 浩司)

 

 

大河ドラマ「天地人」直江兼続の盟友・石田三成。彼は単なる「忠義」の臣だったのか?戦国の構造改革を成し、家康と戦った真の理由とは?新たな三成像に迫る。

 

 

関ヶ原 (司馬遼太郎)

 

 

東西両軍の兵力じつに十数万、日本国内における古今最大の戦闘となったこの天下分け目の決戦の起因から終結までを克明に描きながら、己れとその一族の生き方を求めて苦闘した著名な戦国諸雄の人間像を浮彫りにする壮大な歴史絵巻。秀吉の死によって傾きはじめた豊臣政権を簒奪するために家康はいかなる謀略をめぐらし、豊家安泰を守ろうとする石田三成はいかに戦ったのか。

 

 

悲将石田三成 (加野厚志)

 

 

石田三成は、闘わぬ男だったのか?最前線に立つよりも後方支援や官僚政治で活躍し、武断派から毛嫌いされたとする姿は真実なのか?否!三成とて熱き血潮流れる青年武将だった。義に篤く忠を重んじ、豊臣秀吉の恩顧に報いるため死をも厭わなかった熱き男。いざ、徳川家康を追い詰め、関ヶ原を血に染めよ!若き日の闘う武将・石田三成像を描く。

 

 

石田三成 (江宮隆之)

 

 

豊臣秀吉の死後、天下の野心を再燃させ、豊臣政権内の武断派を通じて着々と力を蓄える徳川家康に対し、その野望を阻止すべく短期間に日本の半分の大名を掌握した石田三成の手腕。かくして関ヶ原での決戦を引き起こした石田三成の本懐とは、なんであったのか…

 

 

石田三成の書籍を他にもいろいろと探してみましょう。

 

電子ブックとオーディオブック

石田三成の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で石田三成の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



石田三成のマンガと参考書籍

石田三成とは?

石田三成は、幼いころに秀吉に見いだされて豊臣家に仕えた。

 

とは言え、武力よりも内政面で力を発揮して、秀吉が天下統一を具体化するようになると、物資の調達が重要になるがそこを全面的に任されているのだ。

 

そして秀吉の死後に、日本を二分する大戦の関ヶ原の戦いが有名。

 

255万石の大大名である徳川家康と対等の戦に持ち込めただけでも大したものである。

 

結果は小早川秀秋の裏切りで敗北したが、その忠誠心は後世にも評価されている。

 

三成の書籍からは計画という企ての立て方を学べると思う。

 

壮大な大きな視点からの計画。自分の立場を後ろのしながらも、実権を握って計画を遂行していく頭脳は類をみない。

 

秀吉が家臣に、自分の後の天下を取るのは誰だと思う?と聞くと、皆は家康や利家などの名前をあげた。

 

しかし、秀吉は『当代一の知恵者、石田三成である』と言ったそうである。

 

三成の正直でこびない性格に信頼をおいていたのだろう。

 

こんな生き方も参考になる。

スポンサードリンク

石田三成の歴史小説!人気・マンガ・おススメ・どんな武将?記事一覧

吉川永青氏が歴史の細部を丁寧に書き下ろした長編小説で、石田三成の政治家としての志が現在人に問われているような作品。