福島正則の人生を書籍で疑似体験しよう!

福島正則の人物データー

  • 1561年〜1624年(享年64歳)
  • 出身は尾張国(現在の愛知県
  • 安芸広島城城主

 

福島正則は、勇猛果敢な武将で豊臣秀吉の家臣として賤ヶ岳の戦いや小田原の役、朝鮮出兵など様々な合戦で活躍し51万石の大名となった。ただ猪武将や大酒飲みで智謀に乏しい武将とも言われる。

 

そのような福島正則の人生を書籍で疑似体験してみましょう。

 

福島正則

 

広島城

福島正則歴史小説おススメ4選

闘将 福島正則―太閤記外伝 (高橋 和島)

 

 

秀吉子飼いの桶屋のせがれは、「天下取りの一番槍」と称せられた己の槍で五十万石の大名となり、関ヶ原では東軍の先鋒を務めて家康にも可愛がられた。二人の英雄に愛された武将の魅力を描く歴史長編。

 

 

水の砦―福島正則最後の闘い (大久保 智弘)

 

 

改易配流された福島正則は捨身の闘いに立ちあがった。相手は徳川幕府の重臣・本多正純。執拗な攻撃に、正則は陣屋の周辺な流水要塞をめぐらし、水の砦を築いて防戦する。大久保党と闇の宰領から二重三重に仕掛けられた恐しい罠。幕府に挑んだ最後の武将の悲哀と不条理を描ききる第五回時代小説大賞受賞作。

 

 

決戦!賤ヶ岳 (天野 純希)

 

 

舞台は豊臣秀吉の天下を決定づけた、もう一つの天下分け目である「賤ヶ岳の戦い」。そして、描かれるのは「賤ヶ岳の七本槍」として名高い、加藤清正、福島正則、片桐且元ら七人の武将。新進気鋭の若手歴史小説家たちが、若武者たちの戦いと、その後の人生を活写する!

 

 

福島正則―秀吉天下取りの一番槍 (高橋 和島)

 

 

侍になることを夢見る桶屋の倅・市松は、織田家の奉公人・福島市兵衛の養子となり、秀吉に仕えることになった。やがて本能寺で信長が斃れ、秀吉の大躍進が始まる。手柄を目指す市松は、賤ヶ岳の合戦で真っ先に兜首を取り、「七本槍」の筆頭として名を挙げ、その後、50万石の大名へと出世していくのである。乱世を、武将として誇り高く勇猛に生きた男を描く力作長編。

 

 

福島正則の書籍を他にもいろいろと探してみましょう。

 

電子ブックとオーディオブック

福島正則の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で福島正則の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



福島正則とは?

福島正則は武勇に優れた武将で、幼い時から秀吉に仕えて各地で戦っている。

 

その中でも有名なのが賤ヶ岳の戦いでの、賤ヶ岳の七本槍の一人として功名を立てた戦いだ。

 

七人の中でも特に軍功を上げている。

 

そして関ヶ原の戦いでは家康の東軍に味方して、他の武将への働きかけもして勝利に導いた一人と言ってよい。

 

そんな功績のある武将だが、どうしても諸突猛進にイメージがある。

 

晩年は広島城を幕府に無断で修理したことから領地を取り上げられて、信濃のわずかな領地のみとなってしまうのだ。

 

最後はどんな事を考えたのだろうと、人生の栄華と末路を考えさせられる武将である。

スポンサードリンク