竹中半兵衛の人生を書籍で疑似体験しよう!

竹中半兵衛の人物データー

  • 1544年〜1579年
  • 出身は美濃国(現在の岐阜県)
  • 菩提山城

 

竹中半兵衛は、豊臣秀吉を天下人にした戦国を代表する名軍師で、黒田官兵衛と共に両兵衛や二兵衛と称されている。戦国大名といえば武勇に優れた武将が人気だが、竹中半兵衛は天才軍師としてとても人気がある。

 

そのような竹中半兵衛の人生を書籍で疑似体験してみましょう。

 

竹中半兵衛

 

竹中半兵衛像

竹中半兵衛歴史小説おススメ4選

軍師 竹中半兵衛 (笹沢 左保)

 

 

美濃・菩提山城の若き城主、竹中半兵衛重治は、謀略を見抜き近江・浅井氏の奇襲を撃退するが、周囲を欺くため、自らを腑甲斐ないうつけ者であるとする噂を流させる。が、一時は主君である斎藤氏の稲葉山城を占拠するほど、軍略家としての才を発揮し、美濃一国に浪きたらず乱世へと飛び込んでゆく。運命的に出会った織田信長の妹・お市への想いを胸に、黒田官兵衛に先駆けて豊臣秀吉の懐刀となった名軍師の生涯を描く長編!

 

 

竹中半兵衛 (竹本 友重)

 

 

美濃の斎藤道三、尾張の織田信長、甲斐の武田信玄、越後の上杉謙信、三河の徳川家康といった英傑たちが躍動した戦国時代にあって、
卑賤の身から立身出世していった豊臣秀吉を陰で支え続けたのが竹中半兵衛であり、 彼の死後、秀吉の天下統一に並ならぬ貢献をした黒田官兵衛にも多大な影響を与えた。

 

 

軍師の門 (火坂 雅志)

 

 

戦国乱世、豊臣秀吉の頭脳として、のちに「二兵衛」と称される二人の名軍師がいた。野望を内に秘め、おのが才知で天下に名を残そうとする竹中半兵衛。小寺家の行く末を織田信長に託す決意をし、軍師としての生き様を模索する小寺(黒田)官兵衛。毛利攻略を機に秀吉の下へ集い、いつしか「義」という絆で結ばれていく二人。しかし三木城攻めの渦中、謀反の荒木村重を説得に赴いた官兵衛は、有岡城地下牢に幽閉されてしまう。

 

 

竹中半兵衛―秀吉を天下人にした軍師 (八尋 舜右)

 

 

目の前で剽軽な笑顔を見せる木下藤吉郎に、半兵衛は次題に心ひかれていく自分を感じていた。「この男と、もう一度戦場に立ってみるのも悪くはない。あるいは戦火の絶えた世の中が実現できるやもしれぬ」。―名利を求めず、ただ天賦の軍略の才を縦横に駆使して秀吉を勝利に導いた男、竹中半兵衛。名誉よりも人生に美学を求め、三十半ばで夭折した名軍師の生涯を描く長編歴史小説。

 

 

竹中半兵衛関連の書籍は多くはないですが、とても興味ある人物なので探して読み漁ってみると良いでしょう。

 

電子ブックとオーディオブック

竹中半兵衛の書籍を電子書籍でも探してみましょう。歴史小説などは多くはないですが、あればスマホやタブレッドなどで読めるし安いので便利です。

 

電子書籍で竹中半兵衛の書籍を探そう!

 





 

『耳で聴く本』で楽しむオーディオブックでは、本の内容が聞けるのでとっても便利です。

 



竹中半兵衛のマンガと参考書籍

竹中半兵衛とは?

竹中半兵衛は天才軍師として、秀吉を天下人にしたとも言われる。

 

秀吉は強運の持ち主とも言われるが、当代きっての天才軍師を二人も得たのだから運はあるのだろう。

 

もう一人の軍師とは、黒田官兵衛で二人で『二兵衛』とも言われる。

 

ただ、黒田官兵衛との違いは36歳とあまりにも若く亡くなってしまった事だ。

 

この天才軍師があと30年生きていたらどうなったのだろう?と、ついつい『ればたら』を考えたくなる。

 

竹中半兵衛は秀吉の参謀として活躍したが、軍功に関する逸話や美談は後世の創作とも言われる。

 

だからか、武将としての実績よりも人気が高いとも言える。

 

だが、軍功の半分の半分だとしても、魅力的に武将と思う。

 

どれが一番のおすすめは無いが、竹中半兵衛関連の歴史小説は意外に多くあるので読み漁ってみると良いだろう。

 

天才軍師の生き方も参考になる。

スポンサードリンク