関ヶ原の戦いとは?

関ヶ原の戦いは、東軍の徳川家康と西軍の総大将を毛利輝元を立てながら、実質石田三成の全国の大名が東と西に分かれた天下を二分した日本史上最大の戦い。

 

豊臣秀吉の死後、徳川家康は天下取りへの機会をうかがい、上杉景勝に対して謀反を疑いをかけます。

 

上杉に上洛を促しますが無視されたことで上杉討伐に向かいます。

 

そのタイミングで石田三成は反徳川の将を集めて大坂で挙兵します。

 

家康は上杉討伐を中止し、小山の陣で諸将のほとんどを味方につけることに成功し、軍を西に返すことで関ヶ原の戦いへと突入していく。

 

関ヶ原の戦いの書籍はたくさんあって読み応え満点です。

 

色々な角度から関ヶ原の戦いを読み解いてみましょう。

 

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦いの書籍

関ヶ原 (司馬遼太郎)

 

 

東西両軍の兵力じつに十数万、日本国内における古今最大の戦闘となったこの天下分け目の決戦の起因から終結までを克明に描きながら、己れとその一族の生き方を求めて苦闘した著名な戦国諸雄の人間像を浮彫りにする壮大な歴史絵巻。秀吉の死によって傾きはじめた豊臣政権を簒奪するために家康はいかなる謀略をめぐらし、豊家安泰を守ろうとする石田三成はいかに戦ったのか?

 

 

決戦!関ヶ原

 

 

慶長五年九月十五日、霧立ちこめる地に戦国時代の終焉を告げる運命を背負った男たちが集結した。天下分け目の大戦「関ヶ原の戦い」。徳川家康率いる「東軍」圧勝の理由、石田三成率いる「西軍」敗北の契機、そして両軍の運命を握る男。七人の作家が七人の武将の視点で描く競作長編

 

 

関ヶ原前夜 西軍大名たちの戦い

 

 

彼らは、なんのために戦ったのか。太閤秀吉という支柱を失った後、関ヶ原に至るまで、豊臣政権内部で何が起こっていたのか。石田三成ら奉行衆の陰に隠れ、その行動が明らかにされてこなかった毛利輝元、上杉景勝、宇喜多秀家、島津義弘ら西軍の外様大名に光をあてることにより、武功派対吏僚派、徳川派対反徳川派などの単純な二項対立論に陥ることなく、軍記に彩られた数々の通説を打破し、ドラマでは描けない関ヶ原前夜の政治情勢・権力闘争の実態に迫る。若手研究者による緻密な意欲作。

 

 

歴史を変えた日本の合戦 関ヶ原の合戦

 

 

天下は誰の手に!? 今、東西決戦の幕が開く!まさに“天下分け目”の大一番! 日本を真っ二つに分けた東西決戦で、徳川と豊臣の意地と意地がぶつかり合う!